上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
以前ちらっと書いた、代表くんのトマト研修。
ブログでは追い切れてませんが、きっちり始動しています!

まずはトマトの苗をセルから出して、ポットに植えかえ、
ほどよく根が張ってきたところで、いよいよビニールハウスでの定植です。
なぜ、苗を直接ハウスの畑に植えてはいけないのかというと…
まずは根が小さいうちはポットで水やりをするほうが効率的だから。
小さいうちに肥料を入れた畑に植えてしまうと、
水やりで肥料も流れてしまうし、土が湿りすぎて病気もつきやすいからだそうです。

毎週数百本単位で追加していかなければならない苗。
畝を立て、マルチ(土にかぶせるビニールのカバーのようなもの)に穴を空け、
ひと株ずつ定植していきます。
ポットのなかで根が張りすぎてしまわないように……時間と闘いながらの作業です。

さて、そんななか、今回の代表くんのトマト研修をふくめ、
新たに農業を始めたい人が、熟練農業者=アグリマスターに一年間教えを請う
山梨県の就農支援制度の開始式が行われました。

アグリマスターって響き……なんかいいですよね。
渋みを感じさせます。
今回の支援制度でも、ブドウアグリマスター、桃アグリマスター、米アグリマスター……
さまざまな種類の作物の、その道の練達人が25人の就農希望者を指導するのです。

開始式には春らしくライトブルーのシャツをインして、久々のスーツ姿で出かけて行った代表くん。
帰ってくるなり「テレビ局と新聞社の取材を受けた!」とうれしそう。
なんでもテレビ局一社と新聞社二社、それぞれ単独にインタビューを受けたとのことで、
しっかり時間もかけてカメラを回されたようです。

なになに! とさっそくテレビ欄を見てみると、
その日の夕方の「YBSニュース」に「篤農家の技術習得」と
出ているではありませんか!
「篤農家=アグリマスター?」なのは明らかに文字数オーバーだったからでありましょうが、
ひとまずこれだ、これだ、と録画予約をして、
さて楽しみにテレビの前に陣取っていると……

横内知事があいさつしている映像が流れます。
そのまん前に座っている代表くんの後ろ姿だけが、
目を皿のようにしていたわたしたちにだけ、認識できる小ささで映っておりました。
じゃあ次が、代表くんのインタビューなんだね? と待っていると、
あれ? ナレーションが終わろうとしている……
結局、開始式のニュースじたいが短く、1~2分であっという間に終わってしまいました。

「なんで! あんなにしゃべったのに!」とかなり残念そうな代表くんでしたが、
だいじょうぶ、なんとその数日後に、彼は紙上にて、なかなか大きくとりあげてもらったのです。

それが山梨日日新聞5月1日付朝刊。
就農定着支援制度の参加者のなかから、
県外から山梨に移住した若い二人(農業の世界ではまだまだ若い代表くん!)が
ピックアップされて掲載されていました。
代表くんの記事の小見出しは「福島から 父の思い胸に法人経営」。
そうです、代表くん、ヒラ社員の誕生日である2月14日に
「株式会社 フィールドステーション」を立ち上げていたのでした。

記事の内容は、山梨で農業を始めることになったいきさつが主で、このブログでもお伝えしたとおりです。
写真もでかでかと載りましたので、その日子供を抱いてうろうろ散歩していたわたしは、
ご近所じゅうから「旦那さん、載ってたねえ~!」と言われてしまいました。

ところで、代表くんがインタビューを受けたもう一社は読売新聞とのこと。
うちは読売新聞をとっていないのでわからないのですが、
山梨県下にお住まいの読売読者の方、
もしも「そういえば、代表くんみたいな人が載ってたよ!」と心あたりがありましたら、
ぜひご一報ください


                                         本日の農業収入:0円
                                         

 ☆☆☆続報☆☆☆

テレビではまったく目立つところのなかった代表くんですが、
なんと後日ラジオ番組にてインタビューが放送されたもようです。
音声だけとは盲点でした!
聴き逃したのが悔やまれますが、教えてくださった方、ありがとうございました!
スポンサーサイト
2012.05.09 / Top↑
いきなりサツマイモの収穫・販売から始まったブログなので、
どこが「一から農業始めます」なのか? とつっこみたくなった方も
いらっしゃるかとお察しします。

しかしわれわれはあくまでも、この山梨県北杜市に移り住んだばかりで、
やっとこれから農業を始めようとしているところなのであります。
「むかわ金時」は、先立ってこの地に住んでいた副社長とヒラ社員が始めていたプロジェクトを、
いわば途中からお手伝いしただけ、ということであります。

さあ。ではほんとに何もないところから、農業って、どうやって始めるのでしょう。

種を植えるところから? 農具を買いそろえるところから?
それとも、「農業やるぜ」と宣言するのがスタート?(ある意味正解ですが)

ここで最初にぶつかる、かなり大きな壁が、
「畑さがし」です。
おうちが農家である人を除けば、新規農業就労者にとっては、
いくら農作物をつくりたくても、それに適した土地がなければ、
苗があったって農具があったって腕があったって無理なわけです。

というわけで、代表くんもしばらくは、毎日のようにこのあたりの土地を見て回り、
「だれかが手放したような畑はないか」
「あわよくば手放したようなビニールハウスも」
と、懸命に探していたのであります。

ところが。ここ北杜市は、
「日本穀物検定協会主催の食味ランキングで”日本一おいしいお米”の称号をいただいた梨北米」
(平成23年度ほくとガイドブックより)の産地であり、
圧倒的に水田が多いのです。

代表くんがやりたいのは田作ではなく、畑作。
市に相談してみても、あっせんできる農地といえば田んぼばかりということなのでした。

また、運よく畑が余っていて、貸してもらえるということになっても、
だいたい手放された畑というのは、手が回らなくて放置されているわけですから、
草ボーボー状態。
そこから作物を植えられる状態にまで持っていくのには、日々草刈り、日々整地。
「今日も(草刈)正雄だよ」「一日正雄」「正雄だから朝起きたくねえ」
などと代表くんも愚痴ってしまうくらい、単純作業だし重労働。
まさに、「収入0円」の日々は続いてしまうわけです。

しかし、気落ちするような話ばかりではありませんでした。

農業就労者を支援する、こんな活動のお話が代表くんのもとに届いたのです。

それは、県の農務事務所から紹介された「トマト栽培研修生」の募集のお知らせでした。

なんでも、JAがもっているビニールハウスにて、指導を受けながら、
「八ヶ岳のトマト」として推している品種のトマトを栽培し、
JAや県内の取引スーパーに出荷する研修制度らしく、
こちらで一年間の研修が修了した暁には、「認定農業者」の資格を保持できるとのことです!

これは、代表くんにとって願ってもないお話!

まず、ただ「農業やります」と宣言するのと、「認定農業者」と何が違うかと申しますと、
「認定農業者」となれば、農業に関する資金が借りやすくなったり、
税制措置が支援されたり、農業者年金に加入できる、ということなのです(ざっくりですが…)。

また、トマトの苗、肥料、農業機械などの購入費用は研修生もちですが、
ビニールハウスは建設済みで貸してもらえるし、
収穫したトマトの売上は、費用を差し引いたうえで、研修生の収入になるということです!
研修とはいえ自分の腕しだいでその額も変わるとなれば、やりがいもあるではないですか!

というわけで、さっそく代表くん、面接に行ってまいりました。

後日、晴れて合格のお知らせとともに、いろいろな打ち合わせをしてきた代表くん、
目をきらきらさせて「中玉トマトにするかな~、大玉トマトにするかな~きみはどっちが好き?」
と楽しく悩み中♪

この研修制度、本格始動は来年からなので、詳細はまた追って!

トマト好きなわたしとしましても、代表くんがみずから手がけたトマトが近所のスーパーに並ぶのが
今から楽しみでなりません。
(そしてそれを店頭で買ってしまいそうな、親バカ? ならぬ妻バカちっくなわたし)


P1010921_convert_20111019183416.jpg

☆今年度の「むかわ金時」の作業は、すべて終了いたしました。
結局出荷レポートできなかったね……☆



   
                 本日の農業収入:むかわ金時のバイト代(農業の厳しさを実感する額)



2011.11.22 / Top↑
9月初めのうんと暑い日に、福島から山梨に引っ越してきました。

引っ越しの理由はひとつではないけれど、その最大の理由は「農業を始める」こと!

だけどこれまでの人生、ずっと農業を勉強してきたのかというと、そうではありません。
おうちが農家だったわけでもありません。

そんなわれわれが本当に専業農家として暮らしていけるのか。

まずは、わたしたちがこれまでいかに農業から遠いところに暮らしていたのか、
自己紹介をかねてお話ししたいと思います。


わたし自身は札幌出身、大学入学と同時に上京してきて、
今も出版関係の仕事にたずさわっております。
観葉植物でさえ満足に育てられず、ましてや農業のことなどこれっぽっちも知りません。
ずっと続けてきた自分の仕事を、これからも続ける、と結婚したときから決めておりました。
農業をやりたい旦那とは完全なる分業体制!
だから、今も農家の嫁、というわけでは…ないのです。

旦那君(いちおう、会社社長なので「代表」と呼ばせていただきます)は、
K大学法学部卒業。
旅行会社に勤めていましたが、司法試験にチャレンジするため退社。
その後紆余曲折ありましたが、かねてより興味のあった農業の勉強をするべく、
福島で農薬試験を行う社長のもとで働く。

と、ここまでは、わたしにとっても「そういう人いるのね!」って感じな経歴の代表くん。

結婚したときから、「いつか独立して農業をやりたい」とは言っていたものの、
それがこんなに早く現実に向かうとは…思ってもみなかったのでした。

                                    
                                    本日の農業収入:(もちろん)0円
2011.10.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。