上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
それは今をさかのぼること一か月半前……
まだまだ暑い9月の半ばのことでした。

「暑いよ! 代表くん! ほんとうにここでクーラーなくて生きていけるのかな」

わたしはちと不安になってしまいました。
そう、我が家にはクーラーがついておりません。
東京ではとうぜんのこと、福島でさえクーラーは標準装備だったのですが、
長年この地に住んでいる方たちからは、
ここは標高が高いし、クーラーなんているほど暑くはならないよって言われていました。

しかしいざ引っ越してみると、ここ北杜市は「日照時間日本一の市」(聞いてないぞ)だそうで、
近くではソーラー発電の研究などもギンギンと行われており、
とにかく、かなりばっちり日射しが強いのであります。

もちろん、少し車を走らせれば、八ヶ岳の麓に入り、
山を登っていくほどに涼しさも増すわけですが……

ということで、わたしたちは愛車レガシィにさっそうと乗り込みました。
暑けりゃ涼しい場所に行けばいいだけのことです。

さあ、涼しそうで、かつ小じゃれたお店が点在している(とガイドブックから判断した)
甲斐大泉・小泉方面へ繰り出そうではないか!

走り出してみれば、そこは思い通りの林間コース。
平日で観光の車なども少なく、快適なドライブです。

われわれは調子に乗って山道のヘアピンカーブを疾走し、
第一目的地であるパイのお店に到着しました。
そこでアップルパイをもぐもぐと試食し購入、ついでに明野金時パイまで試食しちゃい、
さらには代表くん大好物のラムレーズンアイスクリームを購入、
外に出てマイナスイオンをいっぱいに取り込みながら「いやあ、楽しいねえ」と
平日の昼間にアイスを食べてくつろぐ、いい大人のわれわれ。

暑くてくだを巻いたことなどすっかり忘れ、ご機嫌で駐車場に戻ったその時!
悲劇はすでに起こっていたのです。

さっき車を出るとき、なにか異臭を感じたのですが、気のせいだと思ったわたし。
今度は明らかに、ボンネットからモヤァーと煙が出ているのに気づいたのです!
あわててボンネットをあけると、冷却水がからからです。
「入れたばっかりなのに!」
とりあえずパイのお店からお水をもらって補給する代表くん。
煙が消えたのでおそるおそる走り出してみると……

夢のような美しさのアカマツ林のなかで、
魔のように点灯する「エンジンチェック」の赤い文字。

しかも…「うわあ。エンジンの温度が高い!」
今までふれたことのない高温をさししめす、水温計。

きわめつけにまたもや煙発生! もう車を止めるしかありません。
ボンネットをあけたままどこぞに電話しはじめる代表くん。
その横を、ときどきほかの車の中の人が「あらあら、やっちゃったわね」という表情で通り過ぎていきます。
わかる! わたしも見たことある! 
へんなところで車止めて、ボンネットあけて、困り顔で電話している人!
わたしもきっと、「あらあら」って顔で通り過ぎてたよ!
今、逆の立場になってみて初めてわかります! ほんっとうーに困っております!!

電話を切った代表くん、
「小淵沢に、スバルの自工あるから。エアコンでエンジン冷やしながら、来てって」
……小淵沢まで、何キロですか!?

さて、ここからは、ノロノロ運転する→ヒートアップ→停車してボンネットあけて冷却、の繰り返し。
目と鼻の先の小淵沢が、果てしなく遠く感じます。
ああ、なんですかぁ、あそこは素敵そうなカフェ…
ここを入ると、行ってみたかった美術館の入り口だそうで…
むろん、すべての観光スポットをすべて通過。
それ以前に、われわれの命すら、小淵沢まで持つのかどうか!

暑い…怖い…暑い…エンジン焼けるな!

「小淵沢駅まで3キロ」「2キロ」「1キロ」の案内表示を目にしながら、
いったい何回停車したことでしょう。
やっとのことで自動車工業に着いた時には、「命があってよかった~!」という思いでした。

さっそく見てもらってわかったことは、ラジエーターの焼け焦げ。
もう使い物になりません。これを替えるには、8万円くらいかかると思います、とのこと。

そこでわれわれは顔を見合わせ、観念しました。
じつはこのレガシィ、来年の車検の前には買い換えようと話していたくらい、
長年にわたり我が家に貢献してくれた古参なのです。
今高い修理代を出してもあと1年しか乗らないならば…
いっそこのタイミングで廃車にしてしまおう(泣)!!

かくしてヒラ社員が新車で購入し、代表くんがゆずりうけて
のべ14年、24万キロを駆け抜けたレガシィは、
力をふりしぼってその最期の瞬間まで主人の命を守りぬき、己の使命をまっとうしたのでした。
合掌……そしてありがとう。


さて、そうなると我が家には足がなくなってしまいました。

「おれ、次はアウトバックがいいなあ」
「そんな金あるかー!!」

でも、なんらかの移動手段がなけりゃここでは生きていけません。
一歩も外に出られません。(坂だらけだから)
それはわたしも重々わかっておりますれば…

「じゃ、取り急ぎ…軽トラを買わねばならないね」
との代表くんのひとことに、ふっと固まってしまうわたし。

だって! ふつうに軽トラ、軽トラっていうけれども!
一般家庭に軽トラってふつうないよ!

そう、わたしにとっては「軽トラを購入する=リアルに農業を始める」ということ。
いわば、もう後戻りはできないという境界線だったのであります。

でもこれも神様の粋なはからいだったのかもしれません。
なかなか覚悟を決められないわたしに、「いい加減観念して農業をやらせよ」と
神様がそっと後押ししてくれたにちがいありません。
「そのかわりレガシィは天に召すからなーふぉっふぉっ」って、
わたしには、天使の梯子で空にのぼっていく白いレガシィの姿が見えましたわよ!

そんなわたしの葛藤(?)をよそに、さっそく中古車販売サイトを検索しまくる代表くん。
その手際たるや目をみはるほどで、あっという間に条件に合う一台を見つけ出しました。

「んで、どれに目をつけたの」
とプリントアウトを見せてもらうと、
そこには燦然と…「サンバー」の文字が…!

ああ、サンバー!!
それはスバルの代表的軽トラながら、2012年2月をもって製造中止を発表。
ところがもう手に入らないとなると欲しくなるのが人間のサガ、
現在大変売れているモデルなのです。

し~か~も~、このサンバー、「農道のポルシェ」との異名を持つのですよ!
それは、軽トラにここまで必要か?な機能がついているから…
ポルシェと同じRR、四輪独立サスペンション、四気筒エンジンなどなど…
しかし車に疎いわたしはそんなことどうでもよい!
その付加価値だけで、なんだか満足できるのよ~

というわけで、まったく軽トラの見分けなどつかないわたしでも、
漠然と「サンバーなら…」という気持ちをもっていたのでした。

一応社用車? となる軽トラの購入には、
社長以下、副社長、ヒラ社員もふくめ総勢四人で出かけていきました。
なんたって全会一致主義のわが社ですから♪

訪れたのは、長野県は「サラダ街道」(この街道名、うそじゃありません)にある自動車販売店。
そこにあったのは、まさしく、ポルシェと見まごうくらいぴかぴかのサンバーですぞ~!
ほとんど新車! これならば、わたしも買い物行くのに乗ったっていい!
家の前に停めていたって……(若干躊躇)いい!

まさにひと目ぼれ、といった風情で即決する代表くん。
販売店の「バカ社長・アンソニー」(わたしが言ったんじゃないです! 名刺にそう書いてあるんです)と
わが社の「代表くん」が対峙して手続きを取っている様はなんだか「おもしろ社長対決」のようでした。


そうして晴れて我が家にやってきた農道のポルシェ☆

P1010922_convert_20111019180425.jpg

赤い幌で躍動感と若々しさ(?)も演出してみました。

今ではすっかり愛車として君臨。
山梨⇔鎌倉往復下道10時間の旅も、このサンバーくんとともに走りぬきました。

ちなみに、運転初心者のわたしでも、なぜか軽トラだと、楽しく乗れるんです。
車幅が狭いから。車高が高いから。視界が広いから。
など、いろいろ理由はあると思うのですが、
オモチャっぽい操作性が、運転に対する恐怖を軽減させてくれるような気がします。
シフトなんて、ハンドルの横から突き出てるし…(個人的には好き)

なので、運転ニガテな、とくに女性のみなさん、
まずは軽トラから快適ドライブ、始めてみませんか? なんて…

☆ただし、うしろに荷物を載せていないときに限ります!


                   
                     本日の農業収入:0円(遊んでばかりいるわけではないですよ~)
スポンサーサイト
2011.10.29 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。