上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
以前ちらっと書いた、代表くんのトマト研修。
ブログでは追い切れてませんが、きっちり始動しています!

まずはトマトの苗をセルから出して、ポットに植えかえ、
ほどよく根が張ってきたところで、いよいよビニールハウスでの定植です。
なぜ、苗を直接ハウスの畑に植えてはいけないのかというと…
まずは根が小さいうちはポットで水やりをするほうが効率的だから。
小さいうちに肥料を入れた畑に植えてしまうと、
水やりで肥料も流れてしまうし、土が湿りすぎて病気もつきやすいからだそうです。

毎週数百本単位で追加していかなければならない苗。
畝を立て、マルチ(土にかぶせるビニールのカバーのようなもの)に穴を空け、
ひと株ずつ定植していきます。
ポットのなかで根が張りすぎてしまわないように……時間と闘いながらの作業です。

さて、そんななか、今回の代表くんのトマト研修をふくめ、
新たに農業を始めたい人が、熟練農業者=アグリマスターに一年間教えを請う
山梨県の就農支援制度の開始式が行われました。

アグリマスターって響き……なんかいいですよね。
渋みを感じさせます。
今回の支援制度でも、ブドウアグリマスター、桃アグリマスター、米アグリマスター……
さまざまな種類の作物の、その道の練達人が25人の就農希望者を指導するのです。

開始式には春らしくライトブルーのシャツをインして、久々のスーツ姿で出かけて行った代表くん。
帰ってくるなり「テレビ局と新聞社の取材を受けた!」とうれしそう。
なんでもテレビ局一社と新聞社二社、それぞれ単独にインタビューを受けたとのことで、
しっかり時間もかけてカメラを回されたようです。

なになに! とさっそくテレビ欄を見てみると、
その日の夕方の「YBSニュース」に「篤農家の技術習得」と
出ているではありませんか!
「篤農家=アグリマスター?」なのは明らかに文字数オーバーだったからでありましょうが、
ひとまずこれだ、これだ、と録画予約をして、
さて楽しみにテレビの前に陣取っていると……

横内知事があいさつしている映像が流れます。
そのまん前に座っている代表くんの後ろ姿だけが、
目を皿のようにしていたわたしたちにだけ、認識できる小ささで映っておりました。
じゃあ次が、代表くんのインタビューなんだね? と待っていると、
あれ? ナレーションが終わろうとしている……
結局、開始式のニュースじたいが短く、1~2分であっという間に終わってしまいました。

「なんで! あんなにしゃべったのに!」とかなり残念そうな代表くんでしたが、
だいじょうぶ、なんとその数日後に、彼は紙上にて、なかなか大きくとりあげてもらったのです。

それが山梨日日新聞5月1日付朝刊。
就農定着支援制度の参加者のなかから、
県外から山梨に移住した若い二人(農業の世界ではまだまだ若い代表くん!)が
ピックアップされて掲載されていました。
代表くんの記事の小見出しは「福島から 父の思い胸に法人経営」。
そうです、代表くん、ヒラ社員の誕生日である2月14日に
「株式会社 フィールドステーション」を立ち上げていたのでした。

記事の内容は、山梨で農業を始めることになったいきさつが主で、このブログでもお伝えしたとおりです。
写真もでかでかと載りましたので、その日子供を抱いてうろうろ散歩していたわたしは、
ご近所じゅうから「旦那さん、載ってたねえ~!」と言われてしまいました。

ところで、代表くんがインタビューを受けたもう一社は読売新聞とのこと。
うちは読売新聞をとっていないのでわからないのですが、
山梨県下にお住まいの読売読者の方、
もしも「そういえば、代表くんみたいな人が載ってたよ!」と心あたりがありましたら、
ぜひご一報ください


                                         本日の農業収入:0円
                                         

 ☆☆☆続報☆☆☆

テレビではまったく目立つところのなかった代表くんですが、
なんと後日ラジオ番組にてインタビューが放送されたもようです。
音声だけとは盲点でした!
聴き逃したのが悔やまれますが、教えてくださった方、ありがとうございました!
スポンサーサイト
2012.05.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://rontang.blog.fc2.com/tb.php/9-9bb2f0d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。